ayateck local kombu

ローカルから生まれた面白いもの、美味しいもの、素敵なものなど、独自の文化をお届けしていくブログ。

極上に凄まじいDIYフェス「DO IT 2016」に日本全国から行くべき3つの理由。

f:id:ayateck:20161106234827j:plain

2016年11月12日(土)、極上に凄まじいDIYフェス「DO IT 2016」が、西海岸のマッドシティ・山形県酒田市にて開催される。出演者は、the band apartギターウルフモーモールルギャバンテニスコーツ、MOROHA、クリトリック・リス、マヒトゥ・ザ・ピーポー with NEVER ENDROLLERS(from GEZAN)、Have a Nice Day!、FOUR GET ME A NOTS、NOT WONKなど、日本や世界に名だたるアーティスト含め総勢37組。

2008年に山形県山形市の廃館となった映画館「シネマ旭」跡で行われ、日本全国の音楽関係者・音楽ファンの度肝を抜く伝説的な1日となった「DO IT 2008」から8年ぶりの大規模開催。今回の会場は、山形県酒田市大浜にある株式会社グリーンシステムというリサイクル会社の倉庫や敷地内である。

とにかく、「極上に凄まじい」フェスになりそうな予感がぷんぷんするので、日本全国からこのフェスに行くべき理由を以下の3つの側面から記しつつ、「DO IT 2016」を紹介していこうと思う。

  1. 主催者の思いが凄まじい。
  2. 会場が凄まじい。
  3. 出演アーティストが凄まじい。
 

1. 主催者の思いが凄まじい。

「DO IT 2016」の主催者であり首謀者は、山形県日本海側(日本の西海岸)に位置する庄内地方に在住する若者2人。酒田を拠点に活動するハードコア・バンド「FRIDAYZ」のヴォーカルであり、ライブハウス酒田hopeの社長でもある酒井健太さん。そして、酒田で「ドゥワチャライク」という暮らしのお祭りを主催し、本業は「かりんと百米」という庄内米100%のかりんとうを作る「米シスト庄内」の佐藤優人さん。彼らは、2008年に「DO IT 2008」に参加し人生を大きく変えられたという共通点を持つ。その8年後に、自らの街で、自らの手で、このフェスを開催することに至ったのである。

庄内の地域密着型情報番組『知りま庄内』でも彼ら2人がこのフェスについて語っている。

「DO IT 2016」のオフィシャルサイト内、about “DO IT”に掲載されている酒井健太さんの思いはこちら。

2008年シネマ旭で開催された山形発のインディペンデントDIYフェス「DO IT 2008」。
その余韻、熱は消えず全国各地に今だに伝説として語り継がれている。

「テレビの中の音より隣で鳴ってる音楽のほうがメチャクチャカッコいい。」

このコンセプトを元に行われたこのDIYフェスは、大手の制作会社、レコード会社のプロモーションも通さず、地元山形のバンドマンやボランティアスタッフの手によって開催された。

当日会場で繰り広げられた激烈なライブアクトとフロアの熱量。
そんなDO IT 2008によって人生を変えられたバンドマンも全国各地に少なくはないだろう。
当時ボランティアスタッフとして参加していた自分もその一人で、あの日の光景は今でも脳裏に焼きついていて、あの日からローカルからの可能性というものが自分の人生にとってテーマとなった。


あれから8年。
あの夜が繋がり、今自分は自分の生まれ育った街酒田で「酒田hope」というライブハウスを経営している。
東北の端の田舎町の小さいライブハウス。
中央と地方との音楽シーンの時差、絶対的な数、現実的に、日常的に訪れる問題に日々葛藤しながら、ここでしか見れない景色を探してきた。
整えられた環境では無いからこそ、マイノリティの中にいるからこそ起こり得る奇跡。
この街では誰もが他人ではいられない。
一人一人がシーンの中に関わっている。


2008年のあの日。同じ山形。車で2時間ほどしか離れていない街で見せられた奇跡のような光景。
そしてあの日から共鳴し広がっていった音と思想。


自分はあの日を追い求めていた。
言葉に表し難いような最高の夜は、必ず次の夜に繋がると信じている。
夜は繋がっていき、より深く、より濃密なものへと広がっていった。
しかし現状の景色に満足しているだけではやがてその夜は枯れる。
今酒田で、山形で繋げられているこの夜を、広げるならば今しかない。
そして今ならこの街であの景色を再現できるのではないか。
そんな何度目かの夜を越えた時に、今回のDO IT 2016の酒田での開催を思い立った。
ローカルでの可能性ではなく、ローカルからの可能性を。
自分はこの街から絶望ではなく、希望を見たい。
そして自分より若い世代にもその希望を繋ぎたい。


2013年に山形SANDINISTAで復活を遂げたDO IT 2013を経て、今回山形の西海岸マッドシティ酒田では初の開催となるDO IT 2016。
今回の舞台は工業地帯にある、とある企業の倉庫。
今の山形、今のローカルの新しいDO ITが開催されます。
今この街からの最大限の可能性。
みなさんよろしくお願いします。
地下の発想が景色を変える。


DO IT 2016実行委員長
酒田hope代表/FRIDAYZ 酒井健太


主催者・佐藤優人さんのメッセージはこちら。ヤマガタ未来Lab.の紹介記事より。

DOIT2016の全出演者が発表されました。

総勢37組。北は北海道、南は大阪、全国各地から本当に素晴らしいアーティストが酒田に集まってくれることになりました。


2008年。


ある日立ち寄ったタワレコ新宿で見つけた『DOIT2008』特設コーナー。そしてその数日後、diskunionでも同じコーナーを見つける。「ハードコアシティ山形が贈る奇跡のDIYフェス‼」の店頭POP。正直DOITの存在も、山形がハードコアシティであることも知らんかった僕は、何の気なしにフライヤー持って帰って家に貼ってた。


数日後、僕が音楽筋で信頼を寄せる山下(現わがままカレッジvo.)という友人からの電話が鳴り、「お前の地元でまじでやべーフェスやるよ!行こうよ!」と誘われ、人生初の山形新幹線に乗って、DOIT2008に参戦。


会場は、もう今は取り壊された七日町のシネマ旭跡地。潰れて廃墟みたいになってた映画館の椅子を全部外して、コンパネを敷き詰めて作られた床。照明はLED無しのぶっきらぼうな投光器。会場中に溢れる東北芸術工科大学の学生による(後で知った)装飾。芋煮しかないフード笑。荒吐ロックインジャパンサマソニなんかの、いわば「整えられたフェス」にしか行ったことが無かった僕は、その在り様と、渦巻く空気感にえらい衝撃を受けた。正直怖かった。だけど、その空気の渦の中心には、アーティストとスタッフ、そしてお客さんの熱量みたいなものがあると気づいて、段々体が熱くなっていった。


東京に帰って、しばらく家で茫然としていた。あれはなんだったんだろうとずっと考えていた。そしてそれは今でも続いている。あれは、なんだったんだろう。


整えられた環境でなくても、そこに音があり、人がいて、それを何らかの想いが貫けば、どこでもなんでも楽しめる。うまく言えないけど、音楽というものの原初に立ち会ってしまったような記憶だ。


2015年。


山形に帰ってから4年が経ち、ドゥワチャライクというイベントを始めた。何度も書いているのでザックリするけど、ライブハウスのドアをどれだけ開け放って、皆に楽しんでもらえるかという挑戦のようなことをずっとやっている。


ライブハウスに色んなお客さんを呼びたいと声を上げるのはいいけど、そもそも酒田のライブハウスに全くと言っていいほど行っていなかった僕は、それから時間がある限りライブハウスに通った。かつて新宿や下北沢で遊んだ頃のように酒田で遊べることに感激したし、そして何より、たくさんの人と出会った。


そしていつしか「ライブハウスに色んな人に来てほしい」という気持ちは、「ライブハウスのみんなを色んな人に見てほしい」という気持ちと両立した。


そんな気持ちで、いろんなイベントをやって、見て、年末にかけて酒田の音楽シーンそのものが熱を帯びていく瞬間を一番近くで見れた。


そして年末、株式会社酒田hope社長にしてFRIDAYZの支柱である、酒井健太という鬼が、こう言った。


「優人、来年DOITやるべや」


震えた。ついに来たかと思った。「死ぬと思いますけど、やりましょう」と言った。そして家に帰ってもまだ興奮していて、すぐに企画書を作った。


2016年9月。


それから本当に様々なことを経て、今日これを書いている。会場探しに半年、ブッキングにも半年、HPも出来、出演者も集まり、ボランティアスタッフは60名近くの人が、仮設機材、装飾、広報、WEBといった感じで動いてくれている。


ノリの良さを失ったら何も生まれないと信じているので、即答でやりましょうと言ったし、やれることは全部やってるけど、やっぱりこの規模のフェスを制作会社も入れずに作るのは本当に大変である。本当に。


ただ、何かをやるということは誰かと出会うということで、上げる狼煙が大きい分、たくさんの人に出会えた。すべては書ききれないけど、会場となったグリーンシステムの小野寺会長・社長には本当に頭が上がらない。


西海岸の池田さんも書いていたけど、こうやって、どこの馬の骨ともわからん若者が、ぎらついた目しか持ってないのをいいことに、「本気でやらしてください!!」と後先考えず全力で言い放つのを正面から受け止めて、倉庫や敷地を快く即決で貸してくれた。普段、仕事で使っている建物や敷地を、DOIT開催日数日前に一旦全て空っぽに片付けてくれる。駐車場を貸してくれた安藤組の社長、酒田港湾事務所の皆さん。日々相談に乗ってくれるたくさんの人たち。行くよと言ってくれる人たち。行けないけど頑張ってねと言って協賛をくれる方々。


本当に頭が上がらない。これから先の僕の人生は、一生謝るごめんね人生であり、一生感謝するありがとう人生だ。


そして何より、何かをやろうとする若者に対して、全力で聞いて、全力で動いてくれる大人がいっぱいいることを知れた。これは本当に本当に大きな、宝のような収穫だ。これから40年後、67歳になって、馬鹿な若造が飛び込んできたら、会社止めて全部協力する、そんな人生を僕は送りたい。


朝から夜まで稲を刈り、それからDOIT絡みで動き、そのあと会社のメールを返し、ちょっと寝て、すぐに起きて、またコンバインに飛び乗る。頭が寝ている状態で1000万を越える機械に乗るのは本当に怖い。震える。震えて目が冴える。刈れる。会議できる。メール返せる。その繰り返し。死ぬ気で遊ぶ。死ぬ気で生きる。


きっと11月12日、今まで生まれてきて過ごした人生の中で、最高の日が訪れると信じているから。やり続ける。お米を買ってくれる人の顔と声を知っているからやり続けるのと、それは同じことだ。


全ての人の出会いと恩をつないで、DOIT2016、やりたいと思います。8年前の自分のように、8年後の誰かを動かすような日に。受け取ったものを、次の人につなげるような気持ちで。


2008年のDOIT、出演70バンドで、僕が当時知っていたアーティストはわずか10組。そこじゃなかったんです。この街で生きる、僕が、若者が、本当に総力を挙げて作っているイベントです。組織でも利害でもない、ただ気持ちだけしか僕らにはありません。是非それを見に来てください。チケットも販売中です。HPも見てみてください。そして、どうか力を貸してください。


全部頑張ります。

このように、彼らがこのフェスに懸ける思い、そして覚悟は、極上に凄まじい。しかも、イベント制作会社の力を全く借りずに、自らと地元のボランティアスタッフの力のみで、このフェスを作り上げようとしているのである。

この若者の思いを汲んで協力を惜しまない、地元の大人たちの存在も大きい。主催の酒井健太さんが熱い思いをぶつけて急遽実現したという、酒田市の丸山市長が出演する「DO IT 2016」CM動画・酒田市長Ver.も必見である。

 

2. 会場が凄まじい。

「DO IT 2016」の会場は、山形県酒田市大浜にある株式会社グリーンシステムというリサイクル会社の倉庫や敷地内。

写真は「DO IT 2016」のオフィシャルTwitterオフィシャルFacebookより。

f:id:ayateck:20161107000003j:plain

f:id:ayateck:20161107000021j:plain

f:id:ayateck:20161107000025j:plain

ここに至るまでの会場探しにも、紆余曲折があったようである。

実行委員長・酒井健太さんが「DO IT」について書いたブログより。
http://blog.livedoor.jp/report56/archives/52006768.html

いざ酒田で開催しようと動き出して、屋内で、こんな田舎町でライブハウスのキャパを遥かに超える人数を収容できて、かつ音が出せる場所なんてそんなに簡単に見つかるわけもなく、庄内中の不動産を回ったり、市にも紹介してもらって、廃校、現状使われていない施設、公共施設、さまざまな場所を回った。ただ前例のない新しいこと、会場探しは難航。残る最後の手段として、倉庫をもってる会社をひとつずつ直接あたっていこうとしたころ、知人の紹介で会場のグリーンシステムにたどり着いた。

グリーンシステムの会長は概要書と自分たちの話を聞いてくれて、うちでよかったらと即答してくれて、今日まで自分たちの無理難題にも快く対応してくれてる。

言ってしまえば会場側にとってはリスクしかない、それなのに、気持ちの共鳴だけで本当に一緒にこの一日を作ろうととんでもない提案をしてくれる。

話を聞いていくうちに、会長も昔バンドをやっていたこと、娘さんが東京でバンドをやっていることを話してくれた。

「どんなバンドなんですか?」と尋ねたら

テニスコーツってバンドだよ。」

という衝撃の展開。

テニスコーツといえば、FUJI始め日本のフェスの常連で、海外でも評価の高いアーティスト。

さやさんが酒田出身だとは聞いたことあったけど本当にこの出会いにはびっくりして、奇跡的な出会いを感じた。

この奇跡の出会いを信じて会場はグリーンシステムに決まり、そこから日本中の自分たちが信頼してるバンドに声をかけ、現在に至る。

酒田での会場探しが難航を極めた中、最終的に、倉庫を持っている酒田市大浜の株式会社グリーンシステムに決定した過程。そして、その会社の会長の娘さんが、なんと世界に名だたるユニット「テニスコーツ」のVo.さやさんだったという運命的な展開。極上に凄まじい。この倉庫と敷地内を会場として、準備は連日連夜、地元のボランティアスタッフにより続けられているようである。手作りで彩られる会場の装飾にも期待大だ。

ステージは以下の3ステージ。

梁山泊ステージ(キャパ1,500人)
青蓮寺ステージ(キャパ800人)
子午山ステージ(キャパ1,000人)

f:id:ayateck:20161107011134j:plain

梁山泊(りょうざんぱく)ステージと青蓮寺(せいれんじ)ステージが倉庫の屋内、子午山(しござん)ステージが敷地内の野外に設置される。このステージを中心とする会場も極上に凄まじい空間になりそうである。

 

3. 出演アーティストが凄まじい。

出演アーティストは全37組。主催者側がジャンルには捉われず、とにかくライブが素晴らしいアーティストに声をかけて出演に至ったことが伺えるラインナップである。アーティストの名前を知らなくても、その場で観れば必ずや楽しめるライブをする方々が集結していることは保証できる。出演アーティストの一部のMVを以下ご紹介。

the band apart

テニスコーツ

MOROHA

マヒトゥ・ザ・ピーポー

Have a Nice Day!

わがままカレッジ

NOT WONK

THE STARBEMS

MASS OF THE FERMENTING DREGS

音の旅crew

SOSITE

akutagawa

FRIDAYZ

SHIFT

FOUR GET ME A NOTS

ギターウルフ

モーモールルギャバン

クリトリック・リス

UHNELLYS

▼DO IT 2016 全出演アーティスト37組の一覧はこちら。
http://doit-yamagata.jp/artist/

▼タイムテーブルはこちら。
http://doit-yamagata.jp/time-table/

f:id:ayateck:20161107011243j:plain

また、当日はFOOD、STOREの出店も充実。酒田の美味しい食べ物もたくさん食べられるはずなので、そこも期待していて間違いなしである。

▼出店情報はこちら。
http://doit-yamagata.jp/store/

出店の中で特に私のお勧めは、酒田の「出前ラーメン店 飛脚」。煮干し出汁で、とにかく美味しいラーメンだ。このラーメンを食べるだけでも、このフェスに参加する価値がある。

f:id:ayateck:20161107012759j:plain

「DO IT 2016」に参加するには?

ここまで読んでみて、少しでも「DO IT 2016」に興味を抱いた方や、まだ参加するかどうか迷っている人は、ぜひ、このフェスに参加することをお勧めしたい。出演アーティストを知らないという人でも、山形県酒田市という地方に作り上げられるこの空間に触れることで、必ずや素晴らしい発見があると思う。そして、これを「体験」するという選択をした後の人生がより良いものになるという、確信めいた予感がある。開催まであとわずかの期間であるが、ぜひ参加を検討してみてほしい。

【2016/11/10追記】開催当日11/12の予想気温は、最高15度、最低7度。夜は冷え込むことも予想されるので、防寒対策はくれぐれも十分に施してのご来場を。

チケットの購入方法

▼チケット詳細はこちらから。
http://doit-yamagata.jp/ticket/

Webではイープラスで購入できる他、ファミリーマートのFamiポートや、以下の県内協賛店舗での販売も。

<酒田市>
酒田hope 山形県酒田市中町2丁目5-31
酒田MUSIC FACTORY 山形県酒田市大宮町2丁目8-15
TSUTAYA 酒田北店 山形県酒田市ゆたか1丁目15-21
wark 山形県酒田市日吉町2-1-10
mau hair make 山形県酒田市千日町7-15
troa accessories 山形県酒田市東泉町6丁目2-11
CAFE+POM 山形県酒田市中町1丁目7
喫茶 CLOAK 山形県酒田市若竹町1丁目2-1
みずほ八文字屋 山形県酒田市みずほ2丁目19-10
FUN K 山形県酒田市砂越楯之内31−52
HOWL 山形県酒田市高見台2-20-20

<鶴岡市>
なんだ屋 山形県鶴岡市錦町11-12
ANCHOR 山形県鶴岡市末広町6-13 2F
八文字屋エビスヤ店 山形県鶴岡市上畑町3-38

新庄市
VictRoll Cafe 山形県新庄市本町2

<米沢市>
LIVE ARB 山形県米沢市門東町3丁目3-1
CAFE LABORATORY 山形県米沢市中央3丁目10-23

山形市
JAMMING 山形県山形市本町1丁目7-20
RAF-REC 山形県山形市双葉町2-1-1 1F

首都圏では、ディスクユニオンの渋谷パンク・ヘヴィメタル館、新宿パンクマーケット、吉祥寺店でチケットを購入すると、出演者のうち以下11組の楽曲を収録したサンプラーCDがもらえるのでお勧めである。

《収録内容》
1. DEEPSLAUTER / RIP OFF
2. SHIFT / 6分の1
3. Have a Nice Day! / フォーエバーヤング
4. ワッツーシゾンビ / モラル
5. クリトリック・リス / 冒険暴走坊主(live)
6. 花男 / 雑草の花
7. THE LET'S GO's / きりがねーよ
8. manchester school≡ / アルツ&ハイマー
9. NOT WONK / This Ordinary
10. SEVENTEEN AGAiN / リプレイスメンツ
11. FRIDAYZ / 地下の発想が景色を変える

ちなみに、筆者はディスクユニオン吉祥寺店でチケットを購入し、サンプラーCDをGETした。

f:id:ayateck:20161107011613j:plain

f:id:ayateck:20161107011621j:plain

ディスクユニオン「DO IT 2016」フェア詳細はこちら。
http://diskunion.net/punk/ct/news/article/1/62314

会場への行き方

当日は酒田駅から会場までの無料シャトルバスの運行も。
▼会場アクセス詳細はこちらから。
http://doit-yamagata.jp/access/

宿泊先の探し方

酒田市内の宿泊先情報はこちら。
http://doit-yamagata.jp/hotel/

現地の観光スポット

「DO IT 2016」オフィシャルFacebookにて、酒田市周辺の観光スポットを多数紹介しているのでぜひチェックしてみよう。
▼「DO IT 2016」オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/doityamagata/

開催概要

DO IT 2016 -YAMAGATA MUSIC FES.
2016年11月12日(土)
会場:株式会社グリーンシステム
山形県酒田市大浜2-2-24
OPEN/START:10:00/11:00
TICKET: 前売5,000円 当日5,500円 ※中学生以下無料
●駐車券 1,000円/台
※駐車券はプレイガイドで購入可能。または当日会場で入庫の際にも1,000円お支払いいただければ駐車可能です(400台可)。
主催:DO IT実行委員会

●出演
akutagawa
・CARD
・car10
DEEPSLAUTER
・DOACOCK
・DOLIPULE
・Dragers
・FOUR GET ME A NOTS
・FRIDAYZ
・Have a Nice Day!
・manchester school≡
MASS OF THE FERMENTING DREGS
・malegoat
・MOROHA
・NOT WONK
SEVENTEEN AGAiN
・SHIFT
・Slow Snow Slide
・SOSITE
・STAND ALONE
・STOMPIN' BIRD
the band apart
・THE LET'S GO's
・THE STARBEMS
・this is
・To overflow evidence
UHNELLYS
・音の旅crew
ギターウルフ
・クリトリック・リス
テニスコーツ
花男
・まっくら学芸会
・マヒトゥ・ザ・ピーポー with NEVER END ROLLERS (from GEZAN)
モーモールルギャバン
・わがままカレッジ
ワッツーシゾンビ

▼お問い合わせ・詳細はこちらから。
DO IT 2016オフィシャルHP
http://doit-yamagata.jp/

doit-yamagata.jp