読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayateck local kombu

ローカルから生まれた面白いもの、美味しいもの、素敵なものなど、独自の文化をお届けしていくブログ。

イギリス旅行記 その2:ロンドン郊外・クランリー村~マンチェスター【ビール三昧、マンチェスター・ユナイテッドの本拠地内部に潜入】

山形県酒田市出身で東京都三鷹在住のアベアヤト(@ayateck)です。

2016年8月、イギリス旅行に行ってきた記録、その2。

その1:成田〜(バンコク経由)~ロンドン~ケンブリッジ
その2:ロンドン郊外・クランリー村~マンチェスター(今ココ)
その3:グラスゴー
その4:ロンドン

その2は、妹夫婦が住んでいるロンドン郊外のクランリー村から、マンチェスターに移動して、Joy Divisionのアルバムのジャケ写にもなった「epping walk bridge」や、マンチェスター・ユナイテッドの本拠地であるオールド・トラフォードに行ったりなど。

1日目に行ったケンブリッジからクランリー村に向かう途中、乗換駅のLiverpool St.駅。ここはターミナル的な駅になっており、めちゃくちゃでかい。

f:id:ayateck:20161228001513j:plain

クランリー村に向かう電車では、テニスで有名なウィンブルドン駅も通過。

f:id:ayateck:20161228001534j:plain

そして、これがクランリー村。静かで閑静な住宅街。自然豊かで綺麗な風景であった。

f:id:ayateck:20161228001552j:plain

妹夫婦の自宅から歩いて10分ほどの場所にある、パブにてランチ。

f:id:ayateck:20161228001616j:plain

様々な種類のビールがあったが、「PERONI」というイタリア・ビールの銘柄を選択。

f:id:ayateck:20161228001634j:plain

他にも様々な銘柄のビールが。

f:id:ayateck:20161228001711j:plain

この極厚のレバーパテが驚くほど美味かった。

f:id:ayateck:20161228001747j:plain

そして、フィッシュ&チップス。こちらも美味。イギリスの料理はまずいとか良く聞くが、ここのパブの料理はどれも美味しかった。お店にもよるのかも。

f:id:ayateck:20161228001807j:plain

その後、近くのスーパーで買い出しをして、妹夫婦の自宅にて夕食。スーパーで買った様々なビールは、それぞれかなり安かったがどれも美味かった。

BISHOPS FINGER」、「Old Speckled Hen」というビール。私が飲んだ「Old Speckled Hen」は、飲みやすくしっかりとした味わいのエール・ビールだった。

f:id:ayateck:20170219201853j:plain

こちらは「LONDON PRIDE」というエール・ビール

f:id:ayateck:20161228001829j:plain

「LONDON PRIDE」は、日本でも楽天で購入できるようである。

様々なビールは、どれも美味だった。

f:id:ayateck:20161228001849j:plain

DOOM BAR」、「franziskaner」「Staropramen」というビール達。冷やさず常温で飲むスタイルにて、どれも味わい深く美味かった。

そして、妹夫婦の自宅に1泊をし、翌朝、特急列車にてマンチェスターへ移動。

f:id:ayateck:20161228002343j:plain

車窓からは、このようなのどかな風景が続く。白いものは羊。牛や羊が多数いらっしゃる牧場がそこかしこで見えた。

f:id:ayateck:20161228002359j:plain

そして、マンチェスター・ピカデリー駅に到着。

f:id:ayateck:20161228002417j:plain

さすがにでかい駅だった。

f:id:ayateck:20161228002436j:plain

こちらがマンチェスターの街並み。

f:id:ayateck:20161228002506j:plain

8月にも関わらず、気温は13度とかなり寒かった。その日は昼の最高気温でも14度。

f:id:ayateck:20161228004110p:plain

このような歴史のある建物ばかりで、街並みを見るだけでもテンションが上がる。

f:id:ayateck:20161228002521j:plain

歩行者信号の赤に落書きがされていてファニーな感じに。

f:id:ayateck:20161228002539j:plain

wasabi」という日本料理屋っぽい店も。「ラーメン」と「すし」はわかるが、「〆こみ」って何だろう。

f:id:ayateck:20161228002556j:plain

妻の要望により、Joy Divisionジョイ・ディヴィジョン)のベストアルバムのジャケット写真にもなった「epping walk bridge(エッピング・ウォーク・ブリッジ)」へ。

以下がそのJoy Divisionのベストアルバムのジャケ写。

f:id:ayateck:20170219210925j:plain

そして、こちらがその「epping walk bridge」。

f:id:ayateck:20161228002328j:plain

なぜか街灯に謎の靴がかかっていて、それを激写する妻。

f:id:ayateck:20170219190351j:plain

その後、マンチェスター・ユナイテッドの本拠地、「Old Trafford(オールド・トラッフォード)」へ。

f:id:ayateck:20161228003452j:plain

その日はオフシーズンで試合は無かったのであるが、Museum&Tourという18ポンドで内部を案内してくれるサービスに参加。

これまでマンチェスター・ユナイテッドが獲得したトロフィーの数々も展示されていた。

f:id:ayateck:20161228002615j:plain

f:id:ayateck:20161228002632j:plain

ルーニーのユニフォームも展示。

f:id:ayateck:20161228002650j:plain

クリスティアーノ・ロナウドのユニフォームも。

f:id:ayateck:20161228002711j:plain

そして、ピッチの近くにて記念撮影。

f:id:ayateck:20161228002736j:plain

こちらは、記者会見が開かれるスペース。

f:id:ayateck:20161228002819j:plain

ピッチの芝生は生で見ると、ひときわ美しかった。

f:id:ayateck:20161228002843j:plain

そして、実際に選手が使用する更衣室へ。

f:id:ayateck:20161228002906j:plain

こちらがホームのチーム側の更衣室。

f:id:ayateck:20161228002923j:plain

マンチェスター・ユナイテッドの選手達のユニフォームがずらり。

f:id:ayateck:20161228002944j:plain

アウェーのチーム側の更衣室にも潜入。メッシやジダンのユニフォームも。

f:id:ayateck:20161228003015j:plain

ベッカムクリスティアーノ・ロナウドのユニフォームも。f:id:ayateck:20161228003253j:plain

マルディーニギグスのユニフォーム。

f:id:ayateck:20161228003315j:plain

クリスティアーノ・ロナウドとメッシのユニフォームに挟まれる私。

f:id:ayateck:20161228003332j:plain

実際に選手が入場する時の入場口からの通路を歩ける体験も。

f:id:ayateck:20161228003350j:plain

f:id:ayateck:20161228003411j:plain

以下がその時に撮った動画。

マンチェスター・ユナイテッドの本拠地、オールドトラフォードにて参加したTourで、選手がスタジアムに入場する瞬間を体験。その動画です。

さらに近くで見るピッチ。

f:id:ayateck:20161228003428j:plain

ということで、試合は観れなくてもスタジアムの内部を隅々まで楽しめる、素晴らしいサービスであった。これが18ポンドで体験できるんだったらなかなかいい。ぜひオススメである。

その後は、NIGHT & DAY CAFEというパブへ。この時点で20時過ぎであったが、全然明るい。

f:id:ayateck:20161228003846j:plain

地ビールを1杯。

f:id:ayateck:20161228003904j:plain

店内はこんな感じ。

f:id:ayateck:20161228003922j:plain

ビールはこんな銘柄達。

f:id:ayateck:20161228003939j:plain

その後、「SOUP KITCHEN」というパブへ。

f:id:ayateck:20161228004016j:plain

f:id:ayateck:20161228004035j:plain

こちらでもビールを1杯。というか、20時ぐらいになると、ディナーの時間が過ぎてフードの提供は無くなってしまい、ドリンクのみの営業になるのであった。

f:id:ayateck:20161228004054j:plain

夜ご飯をまだ食べていないため、近くのスーパーへ。「KABUTO」というカップヌードルがあった。

f:id:ayateck:20161228004118j:plain

パッケージはかわいいが、味はそこまででした・・・。やっぱりカップラーメンは日清にはかなわない。

そして、「Kronenbourg」というビールを購入し、ホテルにて乾杯。

f:id:ayateck:20161228004136j:plain

非常に充実した滞在でした。マンチェスター、もうちょっと色々行きたい場所はあったのだが、またの機会に。

その3:グラスゴーへ続く。