読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayateck local kombu

ローカルから生まれた面白いもの、美味しいもの、素敵なものなど、独自の文化をお届けしていくブログ。

イギリス旅行記 その3:グラスゴー【名物ライブハウス、大聖堂、パブでサッカー観戦】

山形県酒田市出身で東京都三鷹在住のアベアヤト(@ayateck)です。

2016年8月、イギリス旅行に行ってきた記録、その3。

その1:成田〜(バンコク経由)~ロンドン~ケンブリッジ
その2:ロンドン郊外・クランリー村~マンチェスター
その3:グラスゴー(今ココ)
その4:ロンドン

その3は、マンチェスターからグラスゴーへ移動し、オアシスやレディオヘッドがブレイクするきっかけを作った名物ライブハウス「キング・タッツ・ワー・ワー・ハット」や、12世紀に建てられたグラスゴー大聖堂に行ったり、パブで地元サッカーチーム・セルティックの試合を観戦するなど。

マンチェスターからは特急列車で移動。ロンドンからマンチェスターの間もだいぶ開けた景色でしたが、それに輪をかけてのどかな風景。羊さんたちもたくさんいらっしゃった。

f:id:ayateck:20161228010019j:plain

f:id:ayateck:20161228010037j:plain

牛さんたちも。f:id:ayateck:20161228010059j:plain

ということで、3時間ほどでグラスゴーに到着。「PEOPLE MAKE GLASGOW」。

f:id:ayateck:20161228010122j:plain

グラスゴー・セントラル駅のホーム。

f:id:ayateck:20161228010141j:plain

グラスゴー・セントラル駅内。大きな駅だった。

f:id:ayateck:20161228010200j:plain

そしてグラスゴー・セントラル駅からホテルへ。グラスゴーは雨が降ってて気温は13度ととにかく寒い!

f:id:ayateck:20161228010417j:plain

めっちゃ寒かったので、ブキャナンストリート周辺にて上着を購入することに。

f:id:ayateck:20170225131936j:plain

無事に上着を購入。妻の悪意ある上アングルからの撮影により、めちゃくちゃ足の短い日本人という図に(笑)。

f:id:ayateck:20170225132001j:plain

そして、オアシスやレディオヘッドがブレイクするきっかけを作ったことでも有名なライブハウス「KING TUT'S WAH WAH HUT(キング・タッツ・ワー・ワー・ハット)」へ。

f:id:ayateck:20170225131556j:plain

ビールたち。安くて美味い。

f:id:ayateck:20161228010247j:plain

地ビールのキング・タッツ・ラガー。美味かった。

f:id:ayateck:20161228010308j:plain

食べ物のメニューが、実在のバンド名にちなんだものになっていて面白かった。

f:id:ayateck:20161228010330j:plain

店内には、偉大なるバンドたちのポスターがたくさん。

f:id:ayateck:20161228010347j:plain

f:id:ayateck:20161228010431j:plain

f:id:ayateck:20161228010448j:plain

その後、このような街並みを歩いて。

f:id:ayateck:20161228010524j:plain

駅近くでタクシーに乗り、グラスゴー大聖堂へ行くことに。タクシーでは、地元の運転手さんに行き先の「Glasgow Cathedral」(グラスゴー・カテドラル)がなかなか通じず大苦戦。「カテドラル」ではなく、「カティードォ」みたいな発音の方が通じるようである。そして到着。

f:id:ayateck:20161228010605j:plain

営業時間が終わっており中に入れなかったのが残念であった。近景。

f:id:ayateck:20161228010547j:plain

f:id:ayateck:20161228010756j:plain

そこから南下したら、壁に巨大な絵が。

f:id:ayateck:20161228010623j:plain

そしてやってきたのは、13th Note Cafe。

f:id:ayateck:20161228010644j:plain

f:id:ayateck:20161228010702j:plain

店内には、デヴィッド・ボウイの絵が飾られており、売られていた。

f:id:ayateck:20161228010719j:plain

f:id:ayateck:20161228010737j:plain

ビールのメニューはこんな感じ。

f:id:ayateck:20170225134621j:plain

頼んだのは、william joker IPA。がつんと苦味があって美味かった。

f:id:ayateck:20161228010801j:plain

ベジタリアン&ビーガンなメニュー。とにかく、どれも美味しかった!

f:id:ayateck:20161228010817j:plain

ホテルに戻る途中、「Superdry」というブランドの店が。

f:id:ayateck:20161228010901j:plain

Superdry「極度乾燥しなさい」という日本語が書いてあり、それもロゴの一部とのこと(笑)。

f:id:ayateck:20161228010838j:plain

そして、ホテル近くのアイリッシュパブ「Kitty O'Shea's」へ。ビールがずらり。

f:id:ayateck:20161228010923j:plain

店内では、サッカー・スコテッシュリーグカップの、地元グラスゴーセルティックと、マザーウェルの試合を生中継で放映。

f:id:ayateck:20161228010940j:plain

多くの地元のサッカー好きなおじさんたちがビールを片手に盛り上がっていた。

f:id:ayateck:20170225131846j:plain

店内にはこんな注意書き?も。「I CAN'T KEEP CALM I'M IRISH」

f:id:ayateck:20161228011005j:plain

豊富なビール類は、1パイント(568ml)で3ポンド前後(約420円)という安さ。素晴らしい。

f:id:ayateck:20161228011025j:plain

スコットランドのINNIS&GUNNというラガービール。美味かった!

f:id:ayateck:20161228011047j:plain

イングランドだと上面発酵のエール・ビールが主流だが、スコットランドの地元のビールは下面発酵のラガー・ビールが多かった。どれもほんとに美味かった。

セルティックが5-0で勝利という素敵な試合にパブ内は大盛り上がりだった。

f:id:ayateck:20161228011108j:plain

ホテルにて、締めのビール。いやー、いい1日だった。

f:id:ayateck:20161228011148j:plain

グラスゴーは、歴史が刻まれていて、かつアートの匂いもあり、素敵な街だった。半日では回りきれなかったため、また来たい。

次は最終回。その4:ロンドンへ続く。