読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayateck local kombu

ローカルから生まれた面白いもの、美味しいもの、素敵なものなど、独自の文化をお届けしていくブログ。

イギリス旅行記 その4:ロンドン【アビーロード、ロンドン塔、テムズ川周辺】

TRAVEL LOCAL

山形県酒田市出身で東京都三鷹在住のアベアヤト(@ayateck)です。

2016年8月、イギリス旅行に行ってきた記録、その4。最終回。グラスゴーからロンドンへ移動し、アビーロードの横断歩道を世界各国からの旅行者たちと一緒にゆらゆら渡ったり。初日のケンブリッジ・ロック・フェスティバルで出会った主催者の息子Peteから教えてもらったお勧めコースでもある、ロンドン塔、テムズ川周辺をぶらり散策したりという1日。

その1:成田〜(バンコク経由)~ロンドン~ケンブリッジ
その2:ロンドン郊外・クランリー村~マンチェスター
その3:グラスゴー
その4:ロンドン(今ココ)

グラスゴー空港。

f:id:ayateck:20170114005823j:plain

空港内には、昨夜パブで試合を観戦したセルティックのグッズショップも。

f:id:ayateck:20170114005858j:plain

そしてこのようなパネルも。バランスがおかしい写真。

f:id:ayateck:20170114005915j:plain

格安航空ライアンエアーにて。我々のスーツケースが機内に闖入していく瞬間を激写。

f:id:ayateck:20170114005931j:plain

空港から飛行機へは地上を歩いて移動し、ハシゴ階段で乗り降りするという初体験。

f:id:ayateck:20170114005953j:plain

 

f:id:ayateck:20170114101637j:plain

ロンドンに到着し、本日のホテルが近いアールズ・コート駅( EARL'S COURT )へ。

f:id:ayateck:20170114101654j:plain

「マナー・ホテル」というホテル。こじんまりしていたが、エレベーターが無くて4階まで階段で昇り降りするというのがめちゃくちゃ大変であった。

f:id:ayateck:20170114101712j:plain

スーパーでドクターペッパーのカロリーゼロを購入。甘すぎる!!

f:id:ayateck:20170114101729j:plain

そして、地下鉄でアビーロードのある駅まで移動。

f:id:ayateck:20170114101745j:plain

アビーロード・スタジオ最寄りのセント・ジョンズ・ウッド駅 ( ST. JOHN'S WOOD )。

f:id:ayateck:20170114102123j:plain

そして、アビーロード・スタジオ前へ。普通に自動車もビュンビュン通る交差点にある横断歩道である。

f:id:ayateck:20170114101806j:plain

とりあえず、ベタに横断している写真を撮ってみた。

f:id:ayateck:20170114102653j:plain

こちらがアビーロード・スタジオ。

f:id:ayateck:20170114101848j:plain

f:id:ayateck:20170114101907j:plain

数々の愛ある落書きが。

f:id:ayateck:20170114101925j:plain

スタジオの近くには、アビーロード・ショップというお土産屋さんも。

f:id:ayateck:20170114102002j:plain

店内はこんな感じ。

f:id:ayateck:20170114102020j:plain

f:id:ayateck:20170114102041j:plain

そして、アビーロードの横断歩道に戻っての1枚。色んな国からの旅行者たちも横断歩道をゆらゆら渡る不思議な光景。

f:id:ayateck:20170114102103j:plain

帰国後に、上記の写真をモチーフに描いた絵がこちら。

f:id:ayateck:20170226031316p:plain

ちなみに、このイラストのトートバッグやiPhoneケースも作ってみたのでもしご興味あれば以下からどうぞ。

ayateck shop - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)

そして、タワーヒル駅 ( Tower Hill )に移動し、ロンドン塔へ。

f:id:ayateck:20170114102140j:plain

f:id:ayateck:20170114102158j:plain

こちらがタワー・ブリッジ。色合いが良い。

f:id:ayateck:20170114102216j:plain

観光客がみんなで自転車みたいなのを漕ぎながら移動する乗り物も。

f:id:ayateck:20170114102236j:plain

ロンドン・ブリッジを渡ったとこにあったモニュメントと私。

f:id:ayateck:20170114102255j:plain

サウスワーク大聖堂。

f:id:ayateck:20170114102312j:plain

バラ・マーケット ( Borough Market ) に入る道あたり。

f:id:ayateck:20170114102330j:plain

「wagamama」という日本料理屋が大繁盛していた。

f:id:ayateck:20170114102353j:plain

サザーク橋 ( Southwark Bridge )。こちらも色合いがおしゃれ。

f:id:ayateck:20170114102414j:plain

シェイクスピア・グローブ。

f:id:ayateck:20170114102432j:plain

テート・モダン ( tate modern )。

f:id:ayateck:20170114102450j:plain

テムズ川沿いは夜になったがまだまだ明るく、人々がたくさんいて楽しそう。

f:id:ayateck:20170114102507j:plain

Punch Tavernというイギリス料理屋で晩飯。

f:id:ayateck:20170114102558j:plain

ビールがやっぱり美味い。

f:id:ayateck:20170114102525j:plain

チーズが乗ったサラダも美味い。

f:id:ayateck:20170114102541j:plain

ホテルのあたりにて。

f:id:ayateck:20170114102635j:plain

こうしてイギリス最後の夜は幕を閉じました。

f:id:ayateck:20170114102616j:plain

初のイギリス旅行は、5泊7日でロンドン、ケンブリッジマンチェスターグラスゴーを回るという強行日程であったが、どの地でも、国が持つ歴史が生み出す街並みの美しさ、建物の重厚さと、ビールの美味さと安さがあった。また、イギリスの人達は旅行者に対して非常に親切で、とても助けられたし感謝の思いしか無い。危ない思いも全く無かった。たまらなく楽しい旅行であったし、またぜひ今度はもうちょっとゆっくり色んな地を回ってみたい。ということで、イギリス旅行記はこれにて終結。最後まで読んでいただきありがとうございました!

その1:成田〜(バンコク経由)~ロンドン~ケンブリッジ
その2:ロンドン郊外・クランリー村~マンチェスター
その3:グラスゴー
その4:ロンドン(終わり)