ayateck local kombu

ローカルから生まれた面白いもの、美味しいもの、素敵なものなど、独自の文化をお届けしていくブログ。

山形県庄内地方の郷土料理「孟宗汁」を、田園調布で味わえるチャンス。(2016年6月4日、5日)

山形県酒田市出身で東京・三鷹在住の @ayateck です。

皆さんは、山形県庄内地方の郷土料理「孟宗汁」をご存知だろうか。「孟宗汁」は、孟宗竹(モウソウチク)のタケノコを使用し、厚揚げ、生椎茸と一緒にだし汁で煮込み、味噌と酒粕で味つけをする料理である(お好みで豚肉を入れる場合もある)。

f:id:ayateck:20160529185319j:plain
2016年5月17日に田園調布スジェール コーヒーで開催されたSUGER BAR vol.11にて振る舞われた孟宗汁。

僕は18歳まで酒田で過ごしてきたが、毎年5月あたりになると必ずこの孟宗汁が食卓に並んでいた。孟宗のタケノコを噛んだ時の「シャキシャキッ」という歯触りと柔らかさを伴う食感、味噌に酒粕を合わせた汁の「ぞーん」と口に広がり後を引く旨味。それは、春から初夏の訪れを告げる季節限定の味覚として、僕の実家でも欠かせない料理のひとつであった。

f:id:ayateck:20160529184730j:plainSUGER BAR vol.11で振る舞われた孟宗汁の鍋。

孟宗竹とは?

孟宗竹とは中国江南地方の原産の竹で、日本への渡来は1736年。島津藩主が琉球から2株導入したのが最初とのこと(参考:http://www.pref.nara.jp/10781.htm)。直径20cm、長さ20mにもなる日本で最も大きい竹である。

f:id:ayateck:20160529185325j:plain

もちろん、固い竹の状態まで生長してしまったら、それを食べることはできない。食用の孟宗とは、この竹の若芽の状態、つまりタケノコのことである。

孟宗のタケノコ=孟宗筍の中でも、山形県庄内産の孟宗は味が良いといわれ、5月中旬頃に収穫のピークと旬を迎える。その中でも全国的に有名なのが、山形県鶴岡市湯田川温泉一帯で採れる湯田川孟宗。えぐみがなく、やわらかさと風味が優れている。早朝に収穫され5時間以内のものは「朝堀り」と呼ばれ、特に珍重されているとのこと(参考:http://www.yutagawaonsen.com/moso.html)。しかし、湯田川孟宗をはじめ、庄内産の孟宗筍を首都圏のスーパーで入手するのはなかなかに難しく、首都圏に住む人たちが孟宗汁を食べる機会はなかなか無いのが現状である。

2016年6月4日(土)・5日(日)
田園調布で孟宗汁を味わえるイベントが。

そんな孟宗汁を、東京で食べることができる貴重なイベントの情報を入手。
6月4日(土)・5日(日)に田園調布にて開催される地域のお祭りイベント「フェスティバルあさひの」にて、庄内の郷土料理「孟宗汁」と、山形のりんごジュースを販売する出店があるとのこと。山形県朝日町出身のオーナー・菅井さんが経営するスジェールコーヒーの自家焙煎珈琲(アイス・ホット)も同時販売。両日とも数量限定なので、お早めのお越しがオススメである。

イベント概要

田園調布 フェスティバルあさひの
http://www.denenchofu.or.jp/event/

【日時】
2016年6月4日(土) 11時〜17時
2016年6月5日(日) 11時半〜17時

【場所】
田園調布駅 スジェールコーヒー前
http://www.sugercoffee.jp/
東京都大田区田園調布2-51-7
(「田園調布駅」東口出口から徒歩1分)

【出店メニュー】
・孟宗汁 300円
・りんごジュース 150円
・自家焙煎コーヒー(アイス・ホット) 150円

▼詳細
Facebookイベントページ
6月4日5日!田園調布まつりで孟宗汁・りんごジュース・自家焙煎コーヒーを味わおう! | ヤマガタ未来Lab.

 

他にも、ローカルな食についての話題はこちら。

ayateck.hatenablog.com